プロフィール/Profil

細川 久恵

Hosokawa Hisae

代表/オルガニスト

 

東京藝術大学オルガン科卒業、同大学院修了。

パリ、スコラカントルム音楽院、およびオルセー音楽院にてオルガンを学び、プルミエ・プリを得て修了。

オルガンを秋元道雄、島田麗子、松平郁子、ミッシェル・シャピュイ、アンドレ・イゾアール各氏に、ピアノを西川美代子、松平郁子、石澤秀子各氏に師事。

 

独奏、オーケストラ、アンサンブル、合唱との共演多数。

NHKFM出演。韓国ポリグラム(株)プロデュース「韓国讃美歌集」録音。

 

2001年より、美術(照明・映像)とのコラボレーションによるオルガン・リサイタル・シリーズを開始。

2005年リサイタルが平成17年度(第60回記念)文化庁芸術祭、2008年ハーモニーホールふくい5周年記念事業、2012年“横浜フランス月間2012”に参加。

 

新オルガンプロジェクト「光・風・音」主宰。

日本オルガにスト協会、日本オルガン研究会会員。

 

 

Hisae Hosokawa(organist)

 

Graduated and complieted the graduate studies at Tokyo National University of Fine Arts and Music.Also graduated from Conservatoir d’Orsay and La Schola Cantorum in Paris,obtained 1er prix.Studied Organ with M.Akimoto,R.Shimada,M.Chapuis,et A.Isoir.While in France,joind organ academies in France and Italy,and several concerts in France.

Also in Japan,many concerts of solo,ensemble,with chorus and orchestra.

Started own recital series in 2001 collaborating with the other performing arts.

The performance of 4th recital was accredited in the Arts Festival 2005 of the Agency for Cultural Affairs,and also the 8th recital in Mois de la France 2012 in Yokohama.

The image video of 9th recital is published in

http://www.youtube.com/watch?v=nABrPC65PiY&sns=em

Organist of Bach kammerchor Tokyo since 2004.

 

 

 

 

 

 

 

  バッハ室内合唱団